想像を遥かに超える!現在存在している毛皮の種類とは?

思っているよりも多い毛皮の種類について

世の中で流通している毛皮には多くの種類があり、その動物の特性によって毛皮の品質も変わってきます。
まず一番よく出回っているのが、タヌキやキツネの毛皮です。体表面積がある程度広い動物のため、大量生産が可能であり、保温性や手触りにも優れているのでコートに多様されることがあります。次に多く出回っているのがうさぎです。うさぎの場合は毛が非常に滑らかであり、一本一本の毛が細いので、バッグなどのアクセントに使われます。動物以外にも化繊でできた毛皮もあり、ポリエステルあるいはアクリルなどで作られています。化繊の毛皮の場合、本物の動物から作られる毛皮よりも品質は落ちるので、愛好家の方は天然物の毛皮を選ぶのがほとんどです。

種類による値段の違いはあるのか

毛皮は当然のごとく種類によって値段の違いが発生します。
なぜならば毛皮というのはその原材料となる動物が、安定供給されていない場合があるからです。毛皮の採取を養殖ではなく狩猟によって行わなければいけない場合には、毛皮の価格も格段と上がり、養殖出来るものの場合は、比較的お手頃価格で提供されています。また毛皮の中でもとりわけ希少性の高い動物は、その動物を発見すること自体が難しいのでかなり価格も高騰します。上質で高品質な毛皮というのは、その価格に見合った品質があり、かなり心地の良い手触りや着心地が確保されています。毛皮の値段は動物の種類で上下動することを覚えておけば、どんな毛皮を選べばよいのかすぐにわかります。

© Copyright Fur Types. All Rights Reserved.