鞄やアクセサリーなど色んな事に使用できる古い毛皮の活用方法は?

使わない毛皮でファーアクセサリーを

近年、バックチャームやキーホルダーをはじめヘアゴムやネックレスなどにファーをアクセントに使ったものが人気を呼んでいます。
使わなくなった古い毛皮は、日干し消毒してからカットしてこうしたファーアクセサリー作りに使うと良いでしょう。
キーホルダーなどは、カットしたファーの上部分に穴を開けて、金具部分にCカンで付けます。ファーの上にチャームを重ね付けすると、よりおしゃれに仕上がるでしょう。
ヘアゴムを作る場合は、ファーを丸くカットしてボンボンになるように中に綿を詰めて縫いかがり、ゴムに縫い留めます。ネックレスはトップにファーとレースを重ね付けすると素敵です。
ファーを使ったアクセサリーは、秋冬から春先にかけて活躍します。可愛いアクセサリー作りを楽しんでみましょう。

カゴバッグなどをリメイクしておしゃれなファーバッグに!

バッグに毛皮が付いていると、それだけで華やかな雰囲気になり、ちょっとしたお出かけにも使えて便利です。
一見難しそうに感じるファーバッグですが、実は作り方も簡単です。
例えば大きめの市販のかごバッグの縁分部に、毛皮を適当な大きさにカットして縫い付けるだけで、グッと大人びた雰囲気のファーバッグが出来上がります。ファーはまっすぐにカットせず、わざとランダムにカットするほうがおしゃれです。
またリネンの斜め掛けバッグのかぶせ部分にファーを使ったバッグなども、作ることができます。かぶせになるようにファーを長方形に切って、後方にミシンをかけるだけで出来上がります。
かばん全部を毛皮にするのではなく、このように縁周りやかぶせなど一部分にファーを使えば、リメイクしやすいでしょう。

© Copyright Fur Types. All Rights Reserved.